多汗症・ワキガとは?原因とおすすめ治療方法★

湘南美容クリニック 立川院です (^^)/

今回はワキ汗・ワキガ治療の救世主『ミラドライ』のご紹介☆☆



ワキガと多汗症は、その原因となる汗が発生する汗腺自体も異なり、全く別の疾患となります。

 ワキガの原因となる汗は「アポクリン汗腺」から発生し、多汗症の原因となる汗は「エクリン汗腺」から発生します。


多汗症とは?

エクリン汗腺からの汗の分泌が異常で、日常生活で不便に感じるほどの汗をかくことを多汗症といいます。 

ほぼ全身に分布している汗腺でエクリン汗腺からの汗の99%が水で構成されるため臭い自体の原因になりません。 多汗症とは しかし、汗と一緒に流れる古い角質や皮脂などの雑菌と反応することで、ムッとした臭いが発生します。 多汗症は、汗の元であるエクリン汗腺を除去することで、治すことができます。


ワキガとは?一体なに??脇だけじゃない?!


ワキガは脇の下から発せられるニオイを指し、病名では「腋臭症(えきしゅうしょう)」といいます。

汗を分泌する腺には、エクリン腺とアポクリン腺があります。エクリン腺はほぼ全身に分布しているのに対して、アポクリン腺はごく限られた部位に分布しています。ワキガになる汗はアポクリン腺から出ていて、ワキの下以外には陰部、乳輪、おへその周囲、外耳道などに存在します。

アポクリン腺から出る汗には、脂肪やたんぱく質、糖質、鉄分、尿素、アンモニアといった成分が含まれています。これらの成分が皮膚に常在する細菌によって分解され、特有のニオイが発生します。

このアポクリン腺が原因で起こるデリケートゾーン(陰部)のニオイを、医学的に「外陰部臭症(がいいんぶしゅうしょう)」といい、「すそわきが」と呼ばれています。

複数箇所が同時にニオイを発することもあります。そのため、ワキの腋臭症で悩んでいる人は、「すそワキガ」も併発している可能性があります。



治療は『ミラドライ』がオススメ★


汗はボトックス。

ワキガは手術。

と思っていませんでしたか?

ボトックスだと持続効果が3~4ヶ月の為、多くて年間4回の治療。。。

それが、ご自身が汗なんてもういいや!と思えるまで続きます。

お手術だとダウンタイムが。。。。とれない。。。

そんなのを一気に解消してくれるのが『ミラドライ』★★


ミラドライは、マイクロ波を皮膚の上から照射し、その熱により汗腺を破壊するため、皮膚を切らずに治療が可能です。マイクロウェーブで破壊した汗腺は再生することがほぼありません。

また、施術後のダウンタイムがほとんどないので、手術療法のように体に負担をかけません。

現在の腋臭症、多汗症治療法の中で、効果とダウンタイムの最も優れたバランスを有している最新の治療法です。



ミラドライは2018年6月に「マイクロ波による腋窩多汗症治療機器」として、厚生労働省から正式に承認を受けています。

またミラドライの効果と安全性は、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)でも認められており、腋窩多汗症、腋臭症、減毛の適応で承認を取得しています。



ミラドライは、水分の多い汗腺をターゲットとして、汗腺付近にマイクロ波エネルギーを集中させ、ワキガ・多汗症を治療します。



仕組み1

アポクリン腺」「エクリン腺」が集中する層へマイクロ波を照射します。表皮から真皮は冷却されることで抵抗が少なくなり、エネルギーがより深部へ到達します。



仕組み2

マイクロ波のエネルギーは皮下脂肪層と真皮の境界に蓄積され、汗腺に吸収されます。ミラドライのシステムは、熱の及ぶ深さと照射幅を最適化するよう設計されています。



仕組み3

表皮から真皮を冷却し、熱から保護します(ハイドロセラミック・クーリングシステム)マイクロ波は汗腺のエリアに集中するため、より深い脂肪層以降へは大きく影響しません。




意外と多くの方が抱えているワキの悩み。

制汗剤やにおいを抑制するクリームなどの市販品は 一時的な効果しか期待できません。


湘南美容クリニックのミラドライは傷を残さず、汗の量にもニオイにも持続的な効果を出せる画期的な施術です。

ミラドライは2018年6月に「マイクロ波による腋窩多汗症治療機器」として、厚生労働省から正式に承認を受けています。

またミラドライの効果と安全性はアメリカのFDA(米国食品医薬品局)でも認められており腋窩多汗症、腋臭症、減毛の適応で承認を取得しています。



【こんな方にお勧め】

◆ワキ・スソのニオイでお悩みの方

◆汗をかきやすい方・傷跡を残したくない方

◆効果を長く維持したい方

◆施術後すぐに通常生活を送りたい方

◆夕方になるほどワキのニオイが酷くなる

◆運動・スポーツジムの後すごい汗をかいている

◆恋人とのデートでニオッていないか心配になる

◆冬の暖房・厚めの洋服の蒸れによるニオイが気になる方



湘南美容クリニックのお治療は、悩みの根本にアプローチし原因となる汗腺自体を破壊することで 半永久的、かつ高い効果を実現します。

ミラドライはマイクロ波を皮膚の上から照射し、その熱により汗腺を破壊するため皮膚を切らずに治療が可能です。

マイクロウェーブで破壊した汗腺は再生することがほぼありません。

また、施術後のダウンタイムがほとんどないので手術療法のように体に負担がかかりません。

現在の腋臭症、多汗症治療法の中で効果とダウンタイムの最も優れたバランスを有している最新の治療法です。

しかし効果には個人差がございます。

必ずすべての患者さまが1度のお治療で満足できるという保証はございません。

そういった万が一の場合に備え、当院では安心保証制度を導入しております。

また、 料金内に局所麻酔代や痛み止めの内服薬代も含まれているので痛みがご不安な方でも安心です。

※その他のオプションの麻酔などもございますのでカウンセリング時にお伝えさせて頂いております。



━━━ エクスパレル麻酔 <OPTION>━━━


術後72時間痛みを抑える麻酔をオプションでご用意しております。

この麻酔を使用すると、痛みが最も出やすいとされる手術直後72時間、約3日間の痛みを抑えることができます。

※米国PACIRA社製で2011年にFDA認証された局所麻酔。有効成分をリボソームと呼ばれるナノカプセルに含有することで少しずつ薬剤が放出され、麻酔効果が72時間持続します。 世界中で乳房再建や胃切除、腱膜瘤切除などの外科手術で300万人以上の患者様につかわれている画期的な局所麻酔。

※悪心、嘔吐、発熱、便秘の副作用が出る場合があります。

※詳しい料金はお問い合わせください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【施術の副作用(リスク)】

マイクロ波(電磁波)エネルギーを照射することで、内出血・腫脹・拘縮が生じます。

これらは数日~数か月間程続くことがあります。また、脱毛効果が見られることがあります。

局所麻酔薬を注射する事により、肘上~肘下、肩回りに浮腫がでることがあります。

稀に倦怠感、熱感、蕁麻疹、掻痒感、発熱、咳嗽、感覚の変化、代償性発汗が生じることがあります。

極めて稀に冷汗、胸痛、血腫、色素沈着、硬結、表皮剥離、水泡が生じることがあります。

その他注意事項などは、カウンセリング時にしっかりとお話し致します。

お時間に余裕のある方は来院当日の施術も可能です。



【汗の種類】

汗にはいろいろな種類あり、体調をコントロールする上で欠かせません。

日常生活の中で暑くもないのに手のひら、ワキなどに汗をかくことを経験したことがある方いらっしゃいませんか・・・?

その場合、どのような状況だったか思い出してみてください。


人前で話すとき、面接やプレゼンテーションなど、緊張や焦り、不安といった精神的なことがきっかけになったのではないでしょうか。

このような状況下で出る汗は体温維持とはあまり関係ない汗で 「緊張汗」(精神性発汗)と呼ばれます。

危険の回避や、ニオイによる種族の判別手段として、進化の過程では重要でしたが、現在社会ではそれが日常生活で不快感を与えることも少なくありません。


一方で暑いときや運動したときに出るのが「温熱性発汗」です。

温熱性発汗は、体温が上がったときや運動をしているときの筋肉からの情報を脳の体温調節中枢がキャッチして、汗を出す命令を発信することで起こる発汗です。

上がった体温を下げる働きがあります。

体温をコントロールする「温熱性発汗」は、ヒトの進化とも関係しています。



「緊張汗(精神性発汗)」と「温熱性発汗」の違いは・・・?


温熱性発汗と精神性発汗は異なるメカニズムで起こりますが、完全に独立して働くわけではありません。


発汗理由

緊張汗   ⇒ストレス、緊張や自律神経の乱れ

温熱性発汗 ⇒環境の温度変化や運動による体温維持


汗腺の種類

緊張汗   ⇒エクリン腺・アポクリン腺

温熱性発汗 ⇒エクリン腺


汗の成分とにおい

緊張汗  ⇒タンパク質などを含んだ脂質でニオイが強い

温熱性発汗 ⇒99%が水でニオイはほとんどなし


主な発汗部位

緊張汗   ⇒手・足の裏・ワキなど

温熱性発汗 ⇒全身



・・・

緊張したときに脇から出る汗は臭い・・・!?!?


(;^ω^)


ワキ汗の救世主ミラドライはエクリン腺・アポクリン腺の両方に作用するのです!!!!

ワキのボトックスは汗の量を抑えるには効果的ですが、臭いの軽減も!という方にはミラドライの方がオススメです。


【ワキガを発症する主な要因】

日本人ではおよそ10人に1人の割合で発症するワキガ。

ではワキガになる人とそうでない人とでは、どのような違いがあるのでしょうか?


◆遺伝

両親がワキガの場合、子どもに遺伝して発症する可能性がかなり高くなります。

どちらか一方の親だけより、両親ともにであればより高い確率で遺伝が認められています。

わきがが遺伝する確率は。。。

片親のみわきが体質の場合・・・50%

両親ともにわきが体質の場合・・・80%

遺伝には、形質が現れやすい優性遺伝と、形質が現れにくい劣勢遺伝があります。

わきが体質は、優性遺伝で親から遺伝しやすい特徴のひとつとされています。


◆性ホルモンの作用

思春期になると性ホルモンが分泌されて活発に働くようになります。

思春期の期間は、個人差はありますが小学校高学年~中学生~高校生をいいます。

脳下垂体から性腺刺激ホルモンが分泌されだして体にも見て分かる変化が出る時期です。

性ホルモンにはアポクリン汗腺の働きを活発にする作用があるのです。

赤ちゃんにもアポクリン汗腺はありますが、思春期まではワキガの症状が見られないのはこのためです。

女性の場合は、妊娠や出産、月経などの性ホルモンの影響を強く受ける期間に、一時的にワキガの症状が出る場合もあります。


◆生活習慣の乱れ

野菜や魚をほとんど摂らないなどといった食生活の乱れや、過度な飲酒や喫煙の習慣があったりストレスに悩まされていたり…。

そういった生活習慣の乱れはワキガを発症する原因になります。

外国人は日本人に比べて肉などのたんぱく質や香辛料などの刺激物を好んで食べている方が多く、そういった食生活がワキガなど体臭に繋がっている場合もあります。

肉や乳製品を多く摂取すると摂取カロリーをオーバーし、皮下脂肪へと変わります。

皮下脂肪が多くなると悪臭を放つアポクリン腺や皮脂腺を刺激してしまうので必然的に体臭が強くなってしまいます。

近年は食の欧米化傾向もありますが日本人は意識して野菜を多く食べる方も多く、緑黄色野菜には皮膚の新陳代謝を促し雑菌の繁殖を防ぐ働きがあります。

肉や乳製品を好む欧米やヨーロッパ諸国、香辛料を好むインドやタイ、韓国、アフリカなどと比べるとワキガ体質の人が少ないといわれています。


◆細菌の繁殖 

皮膚常在菌には、表皮ブドウ球菌・アクネ桿菌・黄色ブドウ球菌など多くの種類があります。

いずれも身体に害を及ぼすことはなく、皮膚のバリア機能を高めたり、有害な細菌の増殖を抑えたりする作用を持ちます。

しかし、これらの常在菌が脇に多く存在すると、悪臭物質を過剰に産生する原因となるのです。

脇の下は他の部位よりも蒸れやすく、皮膚常在菌も繁殖しやすい環境です。

脇にはアポクリン腺から皮膚常在菌の大好物である皮脂や老廃物が汗と共に分泌さるため、菌が大繁殖することも少なくありません。

このため、脇は他の部位に比べて独特で不快なにおいを放つことが多くなるのです。


◆ストレス

ストレスによってアドレナリンが放出され、アポクリン腺からの汗の分泌も促進されます。また、ストレスはホルモンバランスも乱し、ニオイを強める原因になりますし、疲労で肝臓機能が低下して正常に働かないと、アポクリン腺からはアンモニア臭が発生してしまいます。さらに、精神的・肉体的ストレスにより血行が悪くなると、皮脂腺の脂が酸化し、加齢臭のようなニオイも出てきます。


◆出産後 (すそわきが)

 出産後というのは、体質が大きく変わります。太りやすくなる、肌荒れがひどい、抜け毛が増えるなどの症状のほかに、すそわきがのニオイが強くなったという人もいます。 ただし、妊娠出産による場合は、授乳期が終わるころには次第にニオイも消えていく場合もあります。



★★少しでも気になった方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しくださいませ★★

立川院:0120-489-790


湘南美容  クリニック  立川院

ここでは最新の美容医療情報をお届けします。 美容皮膚科、美容外科どの分野も豊富な治療の中から 貴方へ一番最適な方法をご案内致します(^^)♪ 脱毛、美肌治療、若返り、ダイエット、豊胸、婦人科形成 二重、鼻整形、薄毛治療などなど! 取り扱い施術はSBCグループ内でもトップレベルのクリニックです!!

0コメント

  • 1000 / 1000